2019/9/6(金)〜8(日)にかけて
金沢21世紀美術館シアター 21にて行われました、
舞台公演「最後のオーケー」に
お越しいただいた皆さま
及び、
ご協力いただいた皆さま
改めて感謝の気持ちをお伝えいたします。

誠に、誠に、
ありがとうございました。

ありがたいことに本公演は自分たちの予想を上回るほど
多くの客さまに観ていただくことが出来ました。
嬉しい気持ちでいっぱいです。

チームメンバーそれぞれの思いや考えは、
各々の投稿やコメントなどあるかと思います。

その前に、全4公演を終え、
メンバーからメンバーへそれぞれ質問を投げかけ
その答えを出し合ってみました。

ご覧ください。

———————————————————————————————————–

①澤山工作所からの質問
「Otnkにオリジナル以外で1曲リクエストできるとしたら?
(Otnkメンバーも他人事と思ってリクエスト)」

 →澤山工作所:Peggy lee – Me and my shadow
 →カワダユカリ:聞いたことの無い様な言語の詩の唄
 →高雄飛:お座敷小唄
 →松田百世:よこチラ音頭
 →なかむらくるみ:羊毛とおはなver.のEnglishman In New York


②Otnk カワダユカリからの質問
「今回の公演テーマは「日常」でしたが、もしチーム最後のオーケーで次の作品を作るとしたら、どんなテーマや題材に取り組んでみたいですか?」

 →澤山工作所:今は考えられない
 →カワダユカリ:家族
 →高雄飛:次の作品やる前に『最後のオーケー』引っ提げて色んな劇場を廻りたい
 →松田百世:まだ考えられない
 →なかむらくるみ:具体的では無いけれど「会話」や「リズム」というキーワードが頭に浮かぶ


③Otnk 高雄飛からの質問
「今回の作品創りを通して、皆さん、どんな刺激を受けましたか?」

 →澤山工作所:瞬時に構成された事柄を信じる事
 →カワダユカリ:チームで行動し刺激し合うことの素晴らしさ。委ねる楽しさ。
 →高雄飛:今までとは違った音楽の作り方が出来たこと、3つの異なる表現言語が、別個にでなく、三位一体となって1つの世界を表現できたこと
 →松田百世:自分とは違う角度からの視点
 →なかむらくるみ:各々の持つカラーやリズムの力強さと必要性


④100いまるまる 松田百世からの質問
「今何したい?」

 →澤山工作所:自転車磨きたい
 →カワダユカリ:Otnkのアルバム制作!
 →高雄飛:お酒が飲みたい
 →松田百世:何もしたくない(笑)
 →なかむらくるみ:木々に囲まれた温泉でのんびり


⑤100いまるまる なかむらくるみからの質問
「今、口ずさむとしたら、14シーンの中のどの曲?」

 →澤山工作所:よこたわる
 →カワダユカリ:オーケストラの冒頭
 →高雄飛:小豆
 →松田百世:口ずさんでないけど、オープニングの映像と音
 →なかむらくるみ:7つの


⑥「明日の自分には許してもらえないかもしれない。本日最後のオーケー。」

 →澤山工作所:変化が早すぎてオーケー出せない。
 →カワダユカリ:先週お休みした分のポルトガル語教室の宿題に未だ手をつけていない…
 →高雄飛:今日明日はピアノの練習しない
 →松田百世:今はただただ自分の気持ちを大事にしたい
 →なかむらくるみ:家が散らかっているので、今日は朝のうちに片付けて掃除機!と決めていたが、しばらくお預けにしていた針仕事がどうしてもしたくて裁縫箱を開けてしまった。

———————————————————————————————————–

タグ: